So-net無料ブログ作成

ポール・サイモン [80’s音楽]

昨日はアート・ガーファンクルでした。
ということで、今日はポール・サイモンです。

この人のつくるメロディーは 美しい・・・。
聴こえてくるギターも、とても上手い。
よくわからないのだが 実は歌詞もすごくよいらしい。

といっても 聴いていたのは、ほとんどS&Gの方で、
ソロアルバムは『Garceland』と『The Rhythm Of The Saints』しか
聴いていないのだが・・・。

『Graceland』は、当時アパルトヘイトによって差別されていた南アフリカのミュージシャンを使ったアルバムでグラミー賞最優秀アルバム賞をとった。

このアルバムは、大学時代にほんっとうによく聴いた。
独特のリズムというかリズム感(?)
メロディ―ライン
アレンジ全体の雰囲気というかなんというか・・・こう・・・聞き込むほどに味が出る感じ。

大ヒットシングルは出ていないが、アルバム全体が1つの作品としてすばらしいと思う。
The boys in the bubble

Call me al


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。